スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.03.10 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    新年早々おんどり効果が!!

    0

       先日1/23に、昨年12/4に東村山のギャラリーばるけで開催

      した「おんどり干支絵皿」の2回目の体験教室を開催した。

       今回は嬉しいことに先方からお話を頂いたのであった。

       前回ギャラリーオーナーの女性の方が体験に参加され、完成

      品を店の入り口に飾っておいてくれていたらしい。

              ↓

         右上の鮮やかな方がオーナーの作品 

       

       それを目に留めた何人かの常連の方々から自分も作ってみた

      いという話が出て、今回のグループレッスンの企画となった。

       

       ちょうど焼成した作品が生徒さんたちの手元に届いた頃かな

      と思っていた時、私の手元に一枚の葉書が舞い込んだ。

       体験されたある生徒さんからのお手紙だった。

       無事に手元に届いたというお礼の言葉と共に、久々に無心で

      楽しい時間を過ごすことができたという内容が綴られていた。

       

       

       

       そういうお手紙を頂くこと自体大変嬉しいものである。

       だがそれから数日後くらいに先ほどのグループレッスンのお

      話を頂き、おまけに参加者の募集もしてくれるとのありがた〜

      いお話であった。

       これぞまさしくおんどりにわとり効果なのではないだろうか。

       今は参加された皆様の作品を焼成中!

       皆様のお手元に早く幸福の恩返しができますよう頑張ります。

       

       

       

       

       


      2017新年の御挨拶

      0

        皆様あけましておめでとうございます

         

         

        先日体験教室で生徒さん達も作られた「おんどり干支絵皿」を

        酉年である今年の年賀状にしてみました。

        ポルトガルではおんどりは幸運のシンボルとされていますし、

        二重に縁起がいい気がして…。

         

        今年も「AZULのタイルに魅かれて…」

        よろしくお願いいたします!おじぎ


        おんどり干支絵皿の1日体験講座無事終了しました

        0

           一週間前の日曜日、12/4に東村山のギャラリーぱるけ

          さんで開催された体験教室のご報告です。

           

          東村山駅東口から少し歩いた住宅街の中ほどにあります。

          オーナーのお話ではできてからまだ一年だそうで、ギャ

          ラリーとcafeが併設された気持ちの良いスペースになって

          います。

           

           

          看板もなかなかカワイイですね。

          ちなみにぱるけとはスペイン語で公園という

          意味だそうです。

          まさに住宅街のオアシスのような存在かも!

           

           ハートギャラリーでの工房AZULの展示コーナーです。

           

                 

               <体験の様子>

          cafeの大きなテーブルをお借りしました。

          最初に簡単なやり方の説明をします。

           

           

          下絵はこちらであらかじめ準備してありますので、見た

          目には一見塗り絵の感じに見えますが…

           

           

           

          スポイドの使い方などを説明し練習した後で、いよいよ

          本番に挑戦します。

           

           

           

          皆さん最初は、少し緊張気味?かな。

           

           

           

          スポイト使いはちょっとしたコツを覚えてしまえば、後

          慣れの問題ですよ。最初は戸惑い気味の方もだんだんと…

           

           

           

          すべての色が入れ終わっら、最後に黒のオイルで来年の

          西暦を入れます。

           

           

           

          西暦の替わりに他の文字を入れる方も!ちょっとした

          アイデアですね。ちなみにオーナーの方の作品です。

          cafeに飾っていただけると嬉しい。多くの方々の目に

          触れる存在となって…。

           

           

          たぶん今頃は焼成したこんな感じの完成作品が皆様の

          お手元に届いている頃だと思います。

                 ?   ?   ?

          おんどりはポルトガルでは幸運のシンボル!!

          日本でも来年の干支は酉年であるので、これは

          なんだか強い味方になってくれそうかも。

           

          どうか来年は皆様に幸運が訪れる年となります

          ように〜。

           


          12/4「おんどり干支絵皿」絵付け1日体験講座の参加者募集中♪

          0

            こんにちは!

            クリスマスもまだなのに来年の話をするのはまだ早い!なんてことはありませんよ。

            今年も後1ヵ月ちょっと、そろそろ来年の準備をいろいろ始める時期ですね。

             

            来年も!いや来年こそいい年にしたいな〜なんて思っている方々もいらっしゃるかと思います。

            そんな方々にぜひおススメなのが、おんどり干支絵皿です。

            おんどりはポルトガルでは幸運のシンボルであり、十二支の酉年にちょうど来年2017年が当たります。

            要するに12年に一度のチャンスが巡ってくるというわけです。

             

            今回それならば…と考えておんどりの干支絵皿を作ってみました。

            いかがでしょうか?

             

            (実際の色は、特に赤の色はこの写真よりももっと鮮やかです)

                     絵皿の直径14センチ  

             

            一般的には干支絵皿というと、どうしても和風のイメージを持たれる方も多いかと思いますが、こちらはスペインの鮮やかな絵の具を使用しポルトガル的というかもっと明るくポップなかんじではないでしょうか。

            また裏には吊るし用の穴が開いていて紐や針金を通せばお好きなところに飾ることができます。

            カレンダーを架けた壁の横に飾ってもいいかもしれません。

            こちらは注文を受けて作ることも現在考慮中ですが、その前にご自分で絵付けをしてみませんか!

             

            現在、体験教室の講座参加者を募集中です。

            詳細は以下をご覧になって下さい。

            先着順になりますのでどうぞお早めに!!

             

             

             

             


            秋に味わう!作品展のディスプレイ

            0

              先日11/4〜11/9に下井草のギャラリー五峯さんにて開催された展示会のディスプレイです。

              広いスペースで幾つかの部屋に分かれて展示が行われましので、その内の私のコーナー展示部分のみの様子になります。

               

              前回御紹介の新作のミニチェアーを中心とした展示の様子

               

               

                  今回の代表的な出品作品の展示コーナー

               

              壁の上部には今回のメイン展示であるフジ子・へミング氏の版画が飾られていました。

              やはり猫のマグネットが、今回ここでも相変わらず好評のようでした。グッド

               

               


              新作をギャラリー五峯の展示会に搬入。11/9迄

              0

                日付が変わってしまいましたが、11/4の初日にギャラリーに作品を搬入してきました。

                前回のご案内で御紹介したアール・ラモさんの展示会になります。

                場所は西武新宿線の下井草駅南口から徒歩1分ほどの、駅前通り沿いの便利な場所にあります。

                 

                  

                    こちらのビルの2階になります。

                    入り口に看板が出ています。

                 

                前回の記事を御覧になっていない方のために、もう一度詳細を!


                私の工房AZULで出させて頂くのは同時開催の「秋に味わう!作品展」のほうになります。

                展示的には壁面がフジコ・へミングや他の作家の版画作品で埋められ、私の工房作品はテーブルの展示が主になります。

                今回はコーナーを多くとって頂いたので、大変見やすくほとんど委託作品の全部をみることができると思います。

                ただ、初日のため展示作品の飾り付けなどがまだおおよその状態ですので、展示の様子などはまた報告という形で後日御紹介したいと思います。

                今回はお馴染みのミニチェアーの新バージョンが2型、初御目見得となりますので、そちらを御紹介します

                 

                椅子のアイアンと黒オイルで描いた縁取りがマッチしてステンドグラスのような雰囲気です。

                今までの図形的な柄とはまた違った雰囲気のものをと考えました。

                椅子の背もたれ部分のアーチの曲線に併せて、アールヌーボーを少し意識したような曲線を取り入れた図柄でデザインしました。

                個人的には結構気に入っているのですが、いかがでしょうか?

                ぜひ実物を手にとって観ていただきたい作品です。

                その他にも幾つか新作を出していますので、お気軽にお出かけ下さい!!

                 

                 

                 


                「秋に味わう!作品展」のお知らせ

                0

                  明日から11月秋、さわやかな風が気持ちのいい秋本番となりました。

                   

                  前回のブログにて御紹介したアール・ラモさんの企画展示を、10/21から引き続き行うとお知らせをしましたが、実はその次に行われる展覧会の期日も迫っていまして、今回はこちらのほうを御紹介したいと思います。

                  メインの企画は、皆様もよくご存知だと思いますが、世界で活躍するピアニスト、フジ子・へミングの版画展になります。

                  1932年生まれの今年で83歳。今も現役で活躍されているアーティストです。

                  詳細は以下を御覧ください。

                   

                   

                  さて、同時開催としまして今回は、有名作家から雑貨小物まで〜「秋に味わう!作品展」が開催されます。

                  ジャンルに拘らずにいろいろと楽しい雑貨や小物も登場する予定だとか…。

                  私の工房AZULも新作のミニチェアーやその他の小さなタイル作品を出させて頂く予定です。

                   

                   

                  ご興味のある方はぜひ見に来てくださいね!!

                   

                  展示の様子などはまた後日お知らせいたします。


                  アール・ラモさんの展示会ギャラリーで新作を御紹介

                  0

                    少し前に終わった展示会のご報告になりますが、私の工房作品を

                    置いてくれているアール・ラモartrameauさんの企画展示会です。

                    JR中央線西荻窪駅から徒歩5分の住宅街にあり、交差点の道路の

                    角に面しているので、ギャラリーの名前はCADOCCO→カドッコ

                    といいます。

                    今回、初めてコチラの場所を使用するとのことでした。

                    (お隣は猫の小物を扱っているお店のようです。)

                     

                     

                    こちらの写真はアール・ラモさんのFacebookからお借りしました。

                             ↓

                    こじんまりとしていますが外から中の様子も分かりやすく、なかなか

                    よい雰囲気ではないでしょうか。

                    今回の企画は、<ポルトガルの画家、オルランド・ポンペウ作品展

                    楽しいポルトガル雑貨>で、私もポルトガルのタイル、アズレージョ

                    繋がりでコーナーを設けて展示させていただいています

                     

                     

                     

                    こちらが新作のタイルです。
                    アール・デコの女性シリーズ。
                    大きさは15×7.5センチと小振りですが、気楽に壁掛け用に楽しんで

                    けたらと制作しました。

                    実は同サイズデザイン違いで下の写真のように2枚創ったのですが、

                    右側のブルーの地のやつは他の企画展で少し前に売れてしまいました。

                     

                     

                    今月10/21から他の場所でもまた同企画で展示予定があるそうなので、

                    その時に少し新作を追加する予定です。

                    そちらは改めてまたお知らせいたしますので、お待ちくださいね!

                     

                     


                    新作の見本☆アイアン・ベンチ

                    0

                       9月もあと数日で終り、10月ともなれば巷では木々も秋人々の装いもすっかり秋らしくなり日の暮れるのも刻々と早くなってきていますね。

                       前回の記事が7月の初めだから、夏という季節をまるまる跳び越えての久々の更新となります。

                       別に夏の間わが心の故郷Parisに帰って(笑)いた訳でも、何もせずに長いシエスタを貪っていたわけでもありませんが、やはりこの季節になるといろいろとやらなければならないことが出てきます。

                       たとえば秋の体験講座の生徒さんの募集とか新作を何か創りたいと思えば、そのための手配や準備または構想を練ったりの時間は、実際の制作時間よりも案外と長い期間を要したりもします。

                       注文作品の場合はそれなりに神経も使いますが、だいたいの大筋というものがあるのでやりやすい。ある程度限定された中での創造というのが、実はいちばん楽なのです。私にとってはということですが。

                       今、私が主に行っている委託作品の場合はこちらと違って何を創るのも私の自由なのですが、実はこれがいちばん大変。商品としてどんなものが売れそうかは全て私個人の判断に掛かっているという点、そこですねー。

                       でも苦労した末にヒット商品が生まれた場合は、何物にも変えがたい喜びにつながります。わーいやったー

                       自分で自分を褒めてあげたくなります!!

                       どこかで昔に聞いたこのフレーズ、確かだいぶ以前にこのブログでも使った覚えがありますが、たぶん覚えている方はいらっしゃらないでしょうね(笑)

                       

                       こちらの新作見本のアイアン・ベンチ、もうだいぶ長い期間作り続けているヒット商品のミニチェアーの大型版として開発したものなのですが…いかがでしょうか?

                           このアイアン部分のベンチの型はずっとこんなのがあればと思い続けた結果、 

                           見つけ出したものです。背もたれとシート部分に木が貼られていた上に同じ

                           大きさのタイルを絵付けして貼りました。

                       

                       

                       

                       

                       


                      パリのパサージュで出会った素敵なタイルと…。

                      0

                         パリは美術館巡りももちろん楽しいが、それ以外にも素敵な芸術作品やモノに思いがけず出会えるかもしれない場所がある。

                         その一つが19世紀に建てられ現存しているパサージュという歩行者専用の通り抜けの道である。  

                         道と呼ぶものの、それはアーチ型の鉄骨とガラスで覆われた屋根を持ち、様々な店がその中に並んでいる。  

                         今日は、過去にパサージュ・パノラマで出会った私の心を捉えたモノについて紹介しよう。  

                         

                         こちらのギャラリーではブロンズで作られた女性の彫像ばかりの作品を展示していた。

                         女性のフォルムのユニークさもさることながら、何といってもいちばん目を魅かれたのは、描かれた衣装の色と柄である。

                         なんともカラフルで美しい!!

                         アフリカ系の多いグランプールヴァールが近い土地柄、このような展覧会をやっているのだろうか。

                         この女性のブロンズ色の肌とターパンのような帽子から想像するに黒人女性がモデルだと思われるが。      

                         

                         

                         

                         

                         さてもう一つまるで私を待っていたかのような出会いがあった。

                         右や左をキョロキョロとしながら進んでいくと、あるショーウィンドウの前に私は吸い寄せられるように立ち止まった。  

                         それがこの鏡である。

                         鏡そのものというよりは、その枠に嵌め込まれた装飾タイルのほうにと言ったほうがいいかもしれない。こういうインテリアや雑貨などの装飾用に使われているタイルを見ると、普段は大人しく眠っている創作意欲がムクッと頭をもたげてくるのだ。

                         

                         

                        暗かったのでフラッシュが自動的にたかれて しまい、反射して見えづらいが…。  

                         

                         釘付けになったようにその場に立ち止まりジーッと中を眺めている私に、この店のオーナーらしきマダムが気が付いた。  

                         どうしよう。あの鏡をぜひとも写真に収めたいー。  

                         私はドアを開けボンジュールとマダムに挨拶しながら中へと入って行った。  

                         店の造りはアジアや世界各国の民芸品を展示したギャラリー風兼ショップのような感じだった。  

                         最初にとりあえず何かお土産になるような小物でも買って…。

                         いろいろ品定めはするもののこれといったものがなかなか決まらない。

                         それもそのはず頭の中はマダムに何と切り出そうかという思いでいっぱい、上の空なのだから。    

                         「とってもステキな鏡ですね」  

                         私は自分が知っている簡単なフランス語でそれを褒めた。  

                         マダムはメルシーと言って微笑んだ。  

                         その後のやりとりは夢中だったので覚えていない。

                         だが私が鏡を撮影するのを気持ちよく許可してくれたところをみると、私の思いが通じたとみえる。

                         それにしてもやはり何かお礼の気持ちとして買うべきだったろうか…。

                         

                         

                         

                        上の写真の絵柄をアップしたもの。

                        白い釉薬をかけた上に絵付けをしたマヨルカ タイル。植物の立体感の付け方が参考に!

                         

                         

                        お知らせこの記事は私のもう一つのブログ「PARISから遠く離れていても…」より、内容を一部編集して投稿したものです。

                         ご興味を持たれた方は、ぜひこちらのブログも読んでいただければと思います。

                              ↓    ↓    ↓ 

                             http://ameblo.jp/vingt-sann

                         


                        | 1/10PAGES | >>

                        プロフィール

                        profilephoto
                        絵付け職人のamiと申します。ポルトガルの青い絵タイル、アズレージョに魅せられ絵付けを始めて早10数年。現在、小さな工房で作品作りとお教室を開いています。 アーティストより<職人>という言葉に惹かれます。職人気質(カタギ)という言葉がありますが、性格はクソ真面目で、ちと頑固な方かも?!フッフッフ。 こんな私ですがよろしくお願いしま〜す。

                        calendar

                        S M T W T F S
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        252627282930 
                        << June 2017 >>

                        selected entries

                        アクセスランキング

                        ★ホームページもご覧下さい!!

                                 

                        クリックよろしくお願いします!

                        categories

                        archives

                        links

                        ★私のもう一つのブログ「PARISから遠く離れていても…」は」上記のリンクから閲覧可能です!

                        (http://ameblo.jp/vingt-sann)

                        others