スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.03.10 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    生徒さんの言葉。色って難しい!!

    0

      以前に御紹介した、もう長いことお教室で受講されている生徒さんの作品です。

      直径18センチの絵皿にクエルダセカオイルで絵柄の淵を取り、絵付けしました。

      お皿の元の写真があったので、ほぼイメージどおりに仕上がり大満足の様子でした。

       

       

      同じ大きさのお皿で今度は幾何学柄に挑戦です。

      3枚のお皿が飾れるアイアンの壁掛けを購入したとのことで、この後にもう一枚同じ大きさで作る予定とのこと。

      そうなると絵柄ももちろんですが、全体の色のバランスというものが大事なポイントになります。

      下絵のデザインはあるのですが、色は自分で考えたいということでしたので、オレンジと赤がメインでブルー系で引き締めるという下の写真のような絵付けになりました。

      ご存知のように焼成前の段階では、ボワーッとした霞がかかったような状態です。

      さて、どのようになるか、想像してみてください。

       

       

      いかがでしょうか?!

      このように非常に色鮮やかな作品となりました!!…が、

      生徒さんいわく、「なんか炎みたいな感じ。」

      私、「情熱的な感じですね」

      生徒さん、「大丈夫かな…この色で。もう一つの花柄の作品と並べたときに合うかが心配」

      私、「大丈夫だと思いますよ。1枚ずつの色合いも大事だけど、それぞれ並べてみたときに全体としてみて案外思ってもみない効果というものが出るものだから」

      それを聞いてもまだなんか心配な様子の生徒さん。

      私も実は、内心そう答えたものの半信半疑だった。

      赤とオレンジ、粉の状態ではほとんど見分けが付かないぐらい似通った色の組み合わせ。

      自分だったらおそらく避けたかもしれない。

      でも青の濃淡を使ったことで単調さを免れ、面白い効果をあげ、アジアンティックな色使いの作品となったと思っている。

      ただもう一方を並べてみて果たしてどうなるかは確かめない限りこうだとはいえない。

       

       

      そんな思いでいたときに、夜、生徒さんからメールをいただいた。

      写真添付の、それが下の写真。

      携帯からの画像なので拡大しすぎるとボケるのでこの大きさで御紹介。

      メッセージには「案外悪くないかも…」と簡潔に記されていた。

      よかった!!その言葉が聞きたかった。

      人にものを教える喜びは、生徒さんからのこんな一言にあるのですねー。

       


      生徒さん作品、お部屋のクリスマスディスプレイ

      0
        何かと慌ただしい師走の日々も刻一刻と過ぎていきますね。
        街を歩けば、お店や通りの飾り付けも徐々にクリスマスムードにシフトしていって気分も盛り上がります。
        そんな中で今日はもう長いこと私の絵付け教室に通って下さっている生徒さんから、ご自宅のクリスマスディスプレイの写真を送っていただいたので、御紹介します。



        正方形タイル2枚、花瓶敷き、時計をミニツリーを中心にバランスよく飾り、お部屋の
        コーナーの雰囲気を盛りあげていますね。



        リースの絵皿とポインセチアで華やかさを演出。
        ご自慢のウエルカムプレートもさりげなく演出。



        小さいけれど、存在間あるサンタのオーナメントの
        使い方



         

        生徒さん、ワクワクドキドキ!!焼成後のお楽しみ

        0
                          
                 スペインタイルのクエルダセカ技法の焼成前と焼成後の色の★
                  変化、そして絵の具についてご紹介したいと思います。
                 

                           
                         コースターの焼成前の修正をしているところ
                            どうか、キレイに焼けますよ〜に! 
                                

           
           
          以前に他の記事で簡単にご紹介したと思いますが、クエルダセカ技法は筆の代わ
           りにスポイトでタイルに色を流し込んでいくものです。
            絵の具自体はもともと粉でそれを水で溶いて使います。
            水の量が多くて絵の具がさらさらだとスポイトは流しやすいのですが、焼成した場合、タイルの
            地が透けてしまってあまり良い仕上がりになりません。反対に水の量が少なすぎるとドロっと
            して流しにくい上に、乾いた絵の具が厚くなりすぎて後の修正が大変になります。
            この技法のポイントはこの両者のバランスにあると言ってもよいと思いますが、もう一つは色に
            よっては多少薄めのほうがいいものもあるということです。もう一つ注意すべき点は、粉の色が
            非常に似通っているのが多いと言う点です。たとえば紺と紫は見た目はほとんど同じようです。

            基本色は18色。もちろん混色も出来ますが、普通の水彩や油絵の具のようにどの色とも自由
            に好きなようにというわけにはいかないのが少し不便ではあります。相性の悪いもの同士は見
            た目に液体の状態では混ざりあっているように見えても、焼成するとブツブツが入ったりしてし
            まうのです。慣れないうちはあまり混色を使わないほうが賢明かもしれませんね。

            さて下が焼成前と焼成後の写真です。いかがでしょう。大分違いますね!
            
            このように色鮮やかで艶のある発色に仕上がるのがこの技法の魅力です。


                        焼成前                     焼成後                                                                                                                              
                              

            この写真だと焼成前のほうのバックの色は薄〜いブルーのようにみえるかもしれませんが、実
            際はほとんど白に近い感じです。ちなみに花の赤と黄色は基本色で、円の葉っぱの取り巻きの
            部分は混色を使っています。

            スペインタイルの色の世界は奥が深い!まだまだ自分で新しい色を発見する楽し
            みも残っています。あなたもその世界に触れて見ませんか!!


             <お教室の>
                   お問い合わせ&Eメールはこちら  
          maria117@yel.m-net.ne.jp











































          | 1/1PAGES |

          プロフィール

          profilephoto
          絵付け職人のamiと申します。ポルトガルの青い絵タイル、アズレージョに魅せられ絵付けを始めて早10数年。現在、小さな工房で作品作りとお教室を開いています。 アーティストより<職人>という言葉に惹かれます。職人気質(カタギ)という言葉がありますが、性格はクソ真面目で、ちと頑固な方かも?!フッフッフ。 こんな私ですがよろしくお願いしま〜す。

          calendar

          S M T W T F S
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          31      
          << December 2017 >>

          selected entries

          アクセスランキング

          ★ホームページもご覧下さい!!

                   

          クリックよろしくお願いします!

          categories

          archives

          links

          ★私のもう一つのブログ「PARISから遠く離れていても…」は」上記のリンクから閲覧可能です!

          (http://ameblo.jp/vingt-sann)

          others