スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.03.10 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    新作の見本☆アイアン・ベンチ

    0

       9月もあと数日で終り、10月ともなれば巷では木々も秋人々の装いもすっかり秋らしくなり日の暮れるのも刻々と早くなってきていますね。

       前回の記事が7月の初めだから、夏という季節をまるまる跳び越えての久々の更新となります。

       別に夏の間わが心の故郷Parisに帰って(笑)いた訳でも、何もせずに長いシエスタを貪っていたわけでもありませんが、やはりこの季節になるといろいろとやらなければならないことが出てきます。

       たとえば秋の体験講座の生徒さんの募集とか新作を何か創りたいと思えば、そのための手配や準備または構想を練ったりの時間は、実際の制作時間よりも案外と長い期間を要したりもします。

       注文作品の場合はそれなりに神経も使いますが、だいたいの大筋というものがあるのでやりやすい。ある程度限定された中での創造というのが、実はいちばん楽なのです。私にとってはということですが。

       今、私が主に行っている委託作品の場合はこちらと違って何を創るのも私の自由なのですが、実はこれがいちばん大変。商品としてどんなものが売れそうかは全て私個人の判断に掛かっているという点、そこですねー。

       でも苦労した末にヒット商品が生まれた場合は、何物にも変えがたい喜びにつながります。わーいやったー

       自分で自分を褒めてあげたくなります!!

       どこかで昔に聞いたこのフレーズ、確かだいぶ以前にこのブログでも使った覚えがありますが、たぶん覚えている方はいらっしゃらないでしょうね(笑)

       

       こちらの新作見本のアイアン・ベンチ、もうだいぶ長い期間作り続けているヒット商品のミニチェアーの大型版として開発したものなのですが…いかがでしょうか?

           このアイアン部分のベンチの型はずっとこんなのがあればと思い続けた結果、 

           見つけ出したものです。背もたれとシート部分に木が貼られていた上に同じ

           大きさのタイルを絵付けして貼りました。

       

       

       

       

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2017.03.10 Friday
        • -
        • 20:17
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        プロフィール

        profilephoto
        絵付け職人のamiと申します。ポルトガルの青い絵タイル、アズレージョに魅せられ絵付けを始めて早10数年。現在、小さな工房で作品作りとお教室を開いています。 アーティストより<職人>という言葉に惹かれます。職人気質(カタギ)という言葉がありますが、性格はクソ真面目で、ちと頑固な方かも?!フッフッフ。 こんな私ですがよろしくお願いしま〜す。

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>

        selected entries

        アクセスランキング

        ★ホームページもご覧下さい!!

                 

        クリックよろしくお願いします!

        categories

        archives

        links

        ★私のもう一つのブログ「PARISから遠く離れていても…」は」上記のリンクから閲覧可能です!

        (http://ameblo.jp/vingt-sann)

        others